腰痛の時ストレッチをするのはやめたほうがいい

ストレッチをする女性


腰痛になった時、ストレッチをやる人が多いです。

でも、腰が痛い時に、ストレッチをすることはおすすめしません。

ストレッチをやって上手くいけば、ひょっとして腰の痛みが取れることもあるかもしれません。

しかし、だいたいのケースでは、なにも変わらないか、へたすれば余計に腰の痛みが悪化することが多いのです。

ストレッチをやって腰の痛みが取れるのは、たいがい腰の筋肉が疲労した時です。

腰の筋肉の疲労で痛みが出ている時だったら、ストレッチをすれば、筋肉の緊張が取れて、腰が楽になりやすいです。

でも、症状に変化がないか悪化する時は、別の原因で腰に痛みが出ています。

腰痛の原因は内臓からきていることが多い

その原因は、内臓からの関連痛からということが多いです。

特定の内臓と筋肉は関連があって、内臓の働きが悪くなると、その内臓と関連がある筋肉が収縮して痛みが出ます。


腎臓、消化器系などの働きが悪くなって、その関連する筋肉(腰の回り、脚の筋肉)が収縮して腰が痛くなるわけです。

坐骨神経痛で、脚に痛み、しびれが出ることがありますが、腎臓が関連していることは多いです。

ですから、仮に腎臓の働きが悪くなって症状が出ている場合は、腎臓の働きを良くしないと、症状は良くなりません。

その場合、上手にストレッチをやって、腎臓の働きを良く出来れば、坐骨神経痛の症状も変わります。

でも、それをするには、相当知識がないと出来る芸当ではありません。

書店に売っている本、ネット上のストレッチの方法は、筋肉の疲労が回復できる程度のもので、専門的なものではありません。

よって、腰の痛みが出た時、明らかに筋肉の疲労で痛みが出ている時以外は、ストレッチは避けたほうが無難です。

腰痛の原因は2種類

腰痛のため階段をやっとあがる男性

腰痛の原因

西洋医学では腰痛の85%が原因不明だと言われています。

残りの15%が、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症、脊柱管狭窄症などのいわゆる骨の異常による腰痛だとされています。

病院での処置は、まず湿布、消炎鎮痛剤、牽引療法、温熱療法などを行います。

そして、ヘルニアなどの骨の異常があって症状が重症の場合は、手術が行われます。

腰痛に対する当院の考え

当院では、腰痛の原因は以下のように2種類だと考えています。

・内臓が関連する腰痛

・筋繊維の損傷による(筋、筋膜性腰痛など)いわゆる外傷性の腰痛

内臓が関連する腰痛は、腰痛全体の8割を超えていると思われます。

残る2割の腰痛が外傷性の腰痛です。

内臓が関連する腰痛

腰が痛くなってから、何ヶ月も痛みが続くことがありますが、そういった場合は、内臓が関連することが多いです。

内臓関連の腰痛は、痛み止めの薬、牽引、温熱療法、マッサージ、骨の調整をしても症状は改善しにくいです。

内臓関連の腰痛の場合は、東洋医学で言われるいわゆる“気”の流れが関係しています。

“気”の流れは、体の内外を流れるエネルギーのことです。

“気”の流れが悪くなって滞ると内臓の機能が低下し、その影響で腰の部分に痛みが出るわけです。

ですから、内臓関連の腰痛は、“気”の流れの滞りを整える調整をすると、長引いている腰痛も改善の方向に向かいます。

外傷性の腰痛

外傷性の腰痛の場合は、損傷具合によって回復するまでの期間は違いますが、基本的に損傷した組織が修復されていけば、痛みは消えます。

尚、ヘルニア、分離・すべり症などの骨の異常があっても痛みとは関係ありません。

内臓関連の腰痛は背骨の横の溝がなくなることがあります

f:id:balanceya:20171207195822j:plain

 

腰痛の人が来られた時、体を観察する時に背骨を触ってみると本来あるべき背骨の横にある溝が無くなっている場合があります。

背骨の溝がなくなっていると、手で触れた時ちょうど一枚の板を触れたような感触があります。

そういう人の体は、骨盤の上部が後ろに傾いており背骨のS字カーブも少なくなり、ちょうど一本の棒のような形になっています。

そのような背骨の形になるのは、大腸などの内臓の影響を受け筋肉のバランスがくずれるためです。

実は腰痛は、そういった内臓の働きが悪くなって起きていることが非常に多いのです。

ですから、施術を行って内臓の働きが良くなっていけば筋肉のバランスのくずれも解消し、背骨のS字カーブも体の調子が良かった時の状態に戻ります。

その結果背骨の溝もしっかり出来てきます。

ただし、単に背骨などの骨格を矯正したり筋肉を調整しても、背骨の状態はなかなか変化しにくいです。

と言うのは、骨格の矯正や筋肉の調整は、神経に刺激を入れる方法だからです。

背骨の状態を変化させるためには、神経に刺激を入れる方法ではなく、東洋医学で言われる“気”の流れの滞りを整える方法で調整する必要があります。

“気”の流れの滞りを整える方法で調整していくと、内臓の働きが良くなって背骨のS字カーブも変わり、背骨の溝もしっかり出来てきます。

腰痛の時は安静?動いた方がいい?

f:id:balanceya:20170424140413j:plain

 

以前は、腰を痛めた時は安静にしていたほうが早く良くなると言われていました。

そして、いつからかは記憶にありませんが、安静にしているよりも動けるのなら、動ける範囲内で動いた方が早く良くなると言われるようになりました。

動くと血行が良くなるため、腰の痛みが早く引くという理屈です。

 

海外でのデーターですが、腰を痛めた人を痛みが引くまで安静にしているグループと動ける範囲で動くようにしたグループに分ける実験をしたそうです。

結果は、動いた方のグループの方が早く痛みが取れたそうです。

 

でも、このような実験はあまり意味がなくデータとしては不十分です。

腰痛は、内臓が関連して症状が出ることがほとんどです。

そして、内臓の状態は一人ひとり違いますから、条件が同じにはなりにくいので回復までの期間を比較すること自体がナンセンスです。

 

人間の体は機械ではないのです。

機械なら条件をそろえることが出来ます。

でも、人間場合はそのようなことは不可能です。

ですから、私は、どちらでもなく、動いても動かなくても良くなるまでの期間はそんなに変わりはないと考えています。

腰椎(腰骨)のズレは腰痛に関係ある?

f:id:balanceya:20170421205921j:plain

 

腰痛で整体・カイロプラクティックの施術を受けると、腰椎(腰骨)がズレているので腰が痛くなると説明する施術所が多いです。

確かに腰が痛い時は、腰椎はズレています。

ズレると言っても2~3ミリ程度です。

腰椎の矯正をやっても意味がない

腰椎がズレていると言っても、ズレているから腰が痛いわけではではありません。

腰が痛いのは、別の原因です。

腰椎のズレを矯正しても腰の痛みは取れません。

 

ですから、腰椎の矯正をやっても意味がないのです。

私が整体を始めた頃は、一生懸命腰椎のズレを矯正しようとしていました。

でも、後からそんなことをしても意味がないと気が付きました。

なぜかと言うと、腰の痛みが消えれば、腰椎のズレはなにもしなくても、元の位置に収まるからです。

そして、腰の痛みのほとんどは内臓の反射で痛みが出ています(外傷による腰痛は除きます)。

 

なぜ内臓からの反射が起きるのでしょうか?

内蔵の機能が落ちているため、機能を高めようとして筋肉に反射が起こるのです。

これは、自動的に起こることです。

ですから、極論を言えば整体施術をしなくても自然に腰痛は治まります(自然治癒)。

 

では、整体施術をすることは意味がないのでしょうか?

意味はあります。

整体施術をすることによって機能を高めることが早くなり、その結果腰痛も早く治まります。

 

 

腕、足の筋肉の硬くなっている部分をほぐすと腰痛は改善する?

f:id:balanceya:20170427000629j:plain

 

腰が痛い時に膝の裏や腕などの硬くなってコリになっている部分をほぐすと、腰痛が軽くなることがあります。

腰から離れていて、まったく関係のない部分なのに腰痛が軽くなるのは不思議な感じがしますね。

こういったことが起こるのは、体の構造的なことが関係しています。

 

ただ、腰痛が軽くなると言っても、このような方法は症状に対しての手当てです。

いわゆる対症療法といわれる方法ですので、慢性化した腰痛を改善していくことは難しいです。

 

慢性化した腰痛は、内臓の関連痛として症状が出ていることが多いので、また別の方法で調整する必要があります。

その方法は、東洋医学で言われている、いわゆる“気”の調整です。

“気”の調整とは、体の中を流れるエネルギーを調整することです。

 

“気”は、内臓の働きに関係していますので、内臓の働きが落ちると、関連する筋肉に影響を与えるため、腰痛の症状につながります。

膝の裏や腕などの硬くなってコリになっている部分をほぐした場合は、“気”の調整をすることが出来ないため、内臓の関連痛による腰痛を改善しにくいわけです。

腰痛はヘルニアによる神経の圧迫が原因?

f:id:balanceya:20170424202245j:plain

 

腰痛、足の痛み、しびれなどの症状で整形外科を受診し検査の結果、腰椎のヘルニアが見つかった場合、椎間板の飛び出しによって神経が圧迫されるために症状が起きると説明されることがあります。

ヘルニアによる神経圧迫が腰痛の原因というのは疑わしい

しかし、神経の圧迫が腰痛などの症状の原因だとすると、いろいろと矛盾が生じます。

例えば、MRIで撮影した画像を見ると、椎間板が飛び出してヘルニア状態になっているにも関わらず、痛みがまったくない人がいます。

また、痛み、しびれはあっても温めたり、ストレッチなどをやって筋肉をほぐしたりすると、痛み、しびれが軽減したりする人がいます。

そして、腰痛の症状がひどいため、ヘルニアの除去手術をして神経の圧迫を解放したにもかかわらず、痛み、しびれには変化が見られないか逆に悪化してしまうケースもあります。

そうなると、飛び出した椎間板が神経を圧迫すると腰の痛みや足の痛み、しびれ、排尿排便障害などの症状が出るという理論の説明がつかなくなります。

椎間板ヘルニアの手術を受けられた方の症例

当院にもヘルニアの手術を過去に2回受けた経験がある方がみえました。

来られた時、腰の痛みがかなりひどく、日常生活にも支障が出るような状態が数ヶ月以上続いていました。

また、立った状態で姿勢を観察すると、体がくの字に曲がった状態でした。

この方にいろいろお話を聞くと、腸の調子が悪く便秘で、ひどい時には週に1度しか通じがありませんでした。

施術を週に1回くらいの間隔で数回行ったところ、腸の調子も良くなり通じも改善され、腰の痛みも日に日に改善していき、一ヶ月半くらいでほぼ痛みが消えました。

そして、姿勢も改善され、くの字に曲がった状態も解消しました。

この方の腰痛は、ヘルニアの神経圧迫が原因ではなく、内臓からの影響で症状が出ていたのでしょう。

ところで、この方は当院へ来られる前に他の整体に数回行かれたようです。

でも、施術を受けてもほとんど症状には変化がなかったようです。

症状に変化がみられなかったということは、おそらく前に行かれていた施術所は背骨などの骨格矯正、筋肉の調整を主に行ったのでしょう。

実は、内臓の影響で腰痛などの症状が出ている場合は、背骨などの骨格矯正、筋肉の調整では症状は改善しにくいのです。

骨格矯正、筋肉の調整は、神経を刺激する方法です。

神経を刺激する方法は、筋肉疲労による腰痛などには有効です。

一方、内臓が関連する腰痛の場合は、神経を刺激する方法ではなく、東洋医学で言われる“気”というエネルギーの流れを調整する方法が適しています。

ですから、腰痛、足の痛み、しびれなどの施術を行う場合、原因に合わせた方法を選択することが大切なのです。

腰椎椎間板ヘルニアQ&A

.体の歪みはヘルニアの症状と関係がありますか?

.他の整体、カイロプラクティック院などでは、体の歪みがヘルニアの症状と関連があるから、体の歪みを整えないと痛み、しびれは変わらないと言っている施術所は少なくありません。

しかし、体の歪みを整えてもヘルニアの症状(腰痛、足の痛み、しびれなど)が改善するわけではありません。

と言うのは、体が歪んでいるから腰痛、、足の痛み、しびれなどの症状が出るわけではないからです。

内臓などの機能が低下して、その影響で筋肉の緊張が強くなり症状が出ているのです。

ですから、施術は内臓の機能を高めるような調整をしていけば良いわけです。

.悪い姿勢をしていると腰痛、足の痛み、しびれが出ますか?

.悪い姿勢をしていると、筋肉のバランスがくずれて、腰痛、足の痛み、しびれなどの症状の原因になると言われています。

悪い姿勢は

・足を組んで座る

・横座り

・アヒル座り

などが言われています。

しかし、足を組んで座るなどの姿勢を続けたとしても、腰痛などの原因にはなりません。

理由は、上で書いたように内蔵の機能の低下が症状の原因だからです。