読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腰痛は神経の圧迫が原因?

f:id:balanceya:20170424202245j:plain

 

腰痛で整形外科を受診すると、ヘルニア、脊柱管狭窄症など骨の異常によって神経が圧迫されるために症状が起きると説明されることが多いです。

しかし、神経の圧迫が腰痛の原因だとすると、いろいろと矛盾が生じます。

例えば、MRIで撮影した画像を見ると、椎間板が飛び出してヘルニア状態になっているにも関わらず、痛みがまったくない人がいます。

また、腰に痛みはあっても温めたり、ストレッチなどをやって筋肉をほぐしたりすると、痛みが軽減したりする人がいます。

そして、腰痛の症状がひどいため、ヘルニア除去手術をして神経の圧迫から解放したにもかかわらず、痛みには変化が見られないか逆に悪化してしまうケースもあります。

そうなると、神経を圧迫すると腰の痛みが出るという理論が説明がつかなくなります。

当院にもヘルニアの手術を過去に2回したにもかかわらず、腰の痛みがぶり返してしまったという人がみえました。

その方は、腸の調子が悪く便秘で、ひどい時には週に1度しか排便がありませんでした。

施術を週に1回くらいの間隔で数回行ったところ、腸の調子も良くなり通じもほとんど改善され、腰の痛みも消えました。

この方の腰痛は、ヘルニアの神経圧迫が原因ではなく、内臓からの影響で症状が出ていたのでしょう。

 

営業案内

 

斉藤施療院


電話:
0574‐65‐4279

施術料金

初回 4500円

2回目以降 3500円

施術時間 

9:00~12:00

14:00~21:00

定休日 水曜日

住所 岐阜県可児市今496-7