腰痛の時は安静?動いた方がいい?

f:id:balanceya:20170424140413j:plain

 

 

ずーっと以前は、腰を痛めた時は安静にしていたほうが早く良くなると言われていました。

そして、いつからかは記憶にありませんが、安静にしているよりも動けるのなら、動ける範囲内で動いた方が早く良くなると言われるようになりました。

動くと血行が良くなるため、腰の痛みが早く引くという理屈です。

 

海外でのデーターですが、腰を痛めた人を痛みが引くまで安静にしているグループと動ける範囲で動くようにしたグループに分ける実験をしたそうです。

結果は、動いた方のグループの方が早く痛みが取れたそうです。

 

でも、このような実験はあまり意味がなくデータとしては不十分です。

腰痛は、内臓が関連して症状が出ることがほとんどです。

そして、内臓の状態は一人ひとり違いますから、条件が同じにはなりにくいので回復までの期間を比較すること自体がナンセンスです。

 

人間の体は機械ではないのです。

機械なら条件をそろえることが出来ます。

でも、人間場合はそのようなことは不可能です。

ですから、私は、どちらでもなく、動いても動かなくても良くなるまでの期間は同じだと考えています。



営業案内

斉藤施療院

 

電話0574‐65‐4279

施術料金

初回 4500円

2回目以降 3500円

施術時間

9:00~12:00

14:00~21:00

定休日 水曜日

住所 岐阜県可児市今496-7