腰痛を改善していくには

腰痛の男性

 

西洋医学では腰痛の原因の85%は不明だと言われています。

そして残る15%が、椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症、脊柱管狭窄症などの骨に異常がみられるものが原因が特定できる腰痛だとしています。

しかし、MRIなどの画像で骨の異常がみられても、腰の痛みが出るとは限りません。

例えば、ヘルニアがあったとしても何の症状もない人が少なくないのです。

逆にMRI画像で異常が確認できないにもかかわらず、腰の激痛がある場合もあります。

腰痛のほとんどは内臓関連

腰痛が起きるしくみ

“気”の流れの滞り

内臓の機能低下

内臓と関連のある腰の筋肉の緊張が強くなる

腰痛

当院では、腰痛は内臓からの影響によるものがほとんどだと考えています。

ですから、腰痛を改善していくためには、内臓の機能低下を是正していくことが一番早道なのです。

そして、内臓の機能低下を是正していくには、東洋医学で言われる“気”の流れの滞りを整える調整が適しています。

“気”とは体を流れるエネルギーのことです。

“気”が内臓などの機能に影響を与えるため、“気”の流れが滞ってくると内臓の働きが落ちます。

そして、内臓は筋肉と関連がありますので、内臓の働きが落ちると筋肉に影響を与えて、その結果腰痛につながります。

“気”の調整は、普通は気功師鍼灸師がすることが多いですが、当院では身体をいろいろと操作することによって“気”の調整をしています。

骨折が原因で腰痛?

圧迫骨折や疲労骨折などで腰痛が出ます。

しかし、腰椎(背骨の腰の部分の骨)や骨盤が骨折したから痛みが出るわけではありません。

痛みが出ているのは、骨の部分ではなく筋肉の部分です。

そして、腰の筋肉に痛みが出るのは内臓からの影響です。

ですから、骨折は腰痛が出るきっかけにすぎないわけです。

骨粗鬆症は腰痛と関連はありません

高齢の女性は、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)によって腰痛が出ることも少なくないです。

病院では、骨がもろくなっているから腰痛が出ると言っています。

でも、骨が原因で腰痛が出るわけではないのです。

内臓が原因しています。

そして、その大元の原因は、“気”の流れの滞りにあります。

ですから、いくら骨量を増やすためにカルシウムを補ったとしても、腰痛に変化は出ません。

悪い姿勢は腰痛になる?

腰痛 姿勢で検索するとたくさんのサイトがヒットします。

ザーッと説明書きだけ見てみても、悪い姿勢は腰の痛みに関係していると書かれています。

姿勢と腰痛は関係がないと書かれているサイトは1つもありませんでした。

ところで私は、整体を始めて20数年経ちました。

以前は、他の人と同じように腰痛に姿勢が関係していると考えていました。

でも、数年前から姿勢と腰痛は関連がないのではないかと考えるようになりました。

悪い姿勢というと

・猫背

・横座り、アヒル座り

・前かがみを長時間続ける

・椅子に座る時足を組む

などがあります。

整体院へ行くと、上のような姿勢をしないように注意を受けます。

しかし、足を組んだり、横座りをしていても腰は痛くなりません。

腰が痛くなるのは、上でも書いているようにほとんどが内臓からの影響です。

ですから、日常生活でそれほど意識する必要はありません。