腰痛に足首の歪みが関係している?

f:id:balanceya:20170423174429j:plain

 

整体などの民間療法では、西洋医学と違って腰痛などの痛みは、体のいろいろな部分が関係しているとしています。

その1つとして、足首に歪みがあると、筋肉のバランスの関係で骨盤、背骨に影響があり、腰痛につながるという考え方があります。

足は体の土台だから、歪みがあるといろいろな影響が出るということなのでしょう。

確かに、構造的に見れば足は土台にはちがいありません。

足首の歪みと腰痛は関係ありません

でも、足首に歪みがあっても腰痛が起きない人はいくらでもいます。

もし足首の歪みが腰痛に関係しているとしたら、理屈に合わないことになってしまいます。

ただ、私も足首は腰痛に関係があると考えています。

しかし、足首が関係しているとしても、歪みではなく別の意味で関係があると思っています。

それは、“気”の流れです。

足首の部分の“気”の流れが滞っていると、腰の部分に影響が出て腰痛につながります。

そこで問題になってくるのは、足首の歪みと“気”の流れの関係です。

体の歪み(足首の歪み)があると、“気”の流れが悪くなると言っている人が多いです。

でも私は関係がないと考えています。

例えば、腰椎椎間板ヘルニア(体の歪み)で腰痛が起きるとされていますが、それは間違いです。

ヘルニアで腰痛が起きるのではなく、“気”の流れが滞ったから腰痛が出るのです。

ですから、“気”の流れの滞りが整えば腰痛は改善します。

でも、“気”の流れの滞りが整って腰痛が改善しても、ヘルニアはそのまま残ります。

ヘルニアが残っているということは、体の歪み(足首の歪み)も残っているということになりますので、体の歪みと“気”の流れは関係ないということになります。

 

営業案内

 

斉藤施療院


電話:
0574‐65‐4279

施術料金

初回 4500円

2回目以降 3500円

施術時間 

9:00~12:00

14:00~21:00

定休日 水曜日

住所 岐阜県可児市今496-7