急性の腰痛(ぎっくり腰)と慢性の腰痛

f:id:balanceya:20170429204715j:plain

 

急性の腰痛は、俗に言うぎっくり腰ですが、突然強い痛みが起きるの特徴です。

そして、慢性の腰痛は、3ヶ月以上痛みが続く腰痛をさします。

急性の腰痛

重い物を持ち上げた時に腰に負担がかかり腰を痛めた場合は、筋肉や筋膜などの組織の微小な損傷がおきますが、その損傷が修復されていけば痛みが引いていくことが多いです。

このような腰痛は、筋・筋膜性腰痛と言います。

ですから言ってしまえば、筋・筋膜性腰痛は外傷に分類される腰痛です。

筋・筋膜性腰痛は、筋肉や筋膜の損傷で外傷ですから、なにもしなくても日数が経てば修復されます。

応急処置として、アイスパックなどでアイシングなどがされることも多いですが、冷やすことは、かえって組織の回復を遅らせることになりますので、逆効果です。

組織の修復をしているから炎症が出ているわけで、冷やすことによって炎症を止めることは修復の邪魔になることをしているわけです。

ですから、当院では炎症がある時にアイシングはしません。

当院では、特殊な筋肉の調整を行います。

特殊な筋肉の調整を行うと、アイシングのように組織の修復を邪魔することもありませんし、逆に組織の修復が早まりますので、炎症も早く引きます。

また、痛みのある部分へのマッサージをしても効果はありません。

体のバランスが整う場所へのマッサージなら効果はあります。

ところで、ぎっくり腰を繰り返しているいわゆるくせになっているような人や足の痛み、しびれが出る人は、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離・すべり症などの骨に異常が存在すると言われています。

でも、それは関係ありません。

骨の異常があっても足の痛み、しびれが出るわけではありません。

内臓からの影響で足の痛み、しびれが出ます。

また、ぎっくり腰を繰り返す場合も筋・筋膜性腰痛ではなく、内臓が関係してぎっくり腰を起こしているのです。

その場合は、筋肉の調整ではなく“気”の調整を行わないと、改善しにくいです。

慢性の腰痛

一方、慢性の腰痛は、筋・筋膜の損傷ではなく、内臓が関係している症状が多いです。

内臓が関係していると言っても、いわゆる病気の状態ではなく、働きが落ちていてその影響で腰に痛みが出ることも少なくありません。

慢性の腰痛の場合、マッサージ、整体なにをしても良くならないと言われます。

良くならないということは、原因(内臓からの影響)に対して施術をしてないくて、対症療法の施術をしているからでしょう。

そうでなければ改善するはずです。

もし、原因に対して施術してもらっていても改善しない場合は、施術の仕方が良くないか、本当の原因を見つけてないからでしょう。

ただ、本当の原因を探すのは大変なことです。

ですから、当院では“気”の調整を行います。

“気”の調整を行うと、原因の部分にも効果が及びますので、症状の変化にあることが多いです。

 

営業案内

 

斉藤施療院


電話:
0574‐65‐4279

施術料金

初回 4500円

2回目以降 3500円

施術時間 

9:00~12:00

14:00~21:00

定休日 水曜日

住所 岐阜県可児市今496-7